おがやせ|串間の野菜を届けたい

宮崎県串間市が贈る新鮮野菜ブランド誕生

「おがやせ」とは

串間の若い野菜農家グループ「TAHATA」がこだわって生産した美味しい野菜。自信をもって育ててきた野菜をあなたに届けたい。
ブランドネーム「おがやせ」は、おれのやさい→おいがやさい→おがやさい→おがやせと変化した訛り言葉に由来しています。

TAHATA

生活する全ての人が「つくる」を楽しみ、「たべる」を喜び、「いきる」ということ。
そういった充実した社会を目指し、みんなで「楽しむ」ことを共有するために、地域商品のブランディングを実現したい。
串間の若い農家の方々で作られたTAHATAというグループの野菜を「おがやせ」ブランドとして商品化。さらに、その野菜を使った加工品も計画しています。

田中 公士

こだわり

土から肥料を与えずに葉面散布を行い、微生物を大切にしています。
その年に実がなると次の年には別の枝から実がなるので、味や糖度のバランスを考え1本1本の木を大切に育てています。

デコポンはハウス栽培ですが、自然農法の良い部分を取り入れ、できるだけ自然に近い環境で生産しています。
草が生えていても除草剤は使いません。土づくりを大切にしているからです。
串間の自然な土で育ったデコポン(不知火)を是非ご賞味ください。

深江 友彦

こだわり

私が育てているトマトの品種「フルティカ」の最大の特長は、果実の糖度にあります。
平均でも約7~8度の糖度はあるのですが、水を制限した栽培にこだわってますので、とても甘く12度になることもあります。
これは中玉トマトでも高めの糖度なんですよ。

フルーツトマトは完熟ならではの柔らかな歯ざわりが特徴で、地元の方にもとても良い評判をいただいています。
栄養分をたっぷり吸収した、串間のフルーツトマト。ぜひ食べてみてください。

鶴田 康太郎

こだわり

芽が出て実がなるまで、日々語りかけています。自然の中で育てているので、動物や虫に食べられてしまうことも多々ありますが、毎年いろんなことに挑戦し工夫しながら、生産しています。
これからも作物や牛と向き合い、語りかけ、考えながら美味しいものを作っていきたいです。

「向陽二号」は、ニンジン独特のにおいが少ないため、ニンジンが苦手な子供でも美味しく食べられます。
食べやすいだけでなく、カロチンの生成が早くて含量も最も多く、栄養価が高いですよ。
おがやせのブランド人参「向陽二号」、ぜひ食べてみてください。

牧野 一徳

こだわり

温度管理を徹底しています。ピーマン農家のみんなで勉強会をしており、学んだことを活かしながら、どうやったら美味しく成長してくれるか考えながら育てています。
収穫するまで、問題に直面することもあり、不安もありますが、無事に実がなって収穫できた時が一番嬉しく思います。

ピーマンは好きですか?
ビタミンCが豊富で風邪予防や疲労回復、高血圧予防などの効果があります。にがいイメージもありますが、調理法によっては苦味もなくなり子供さんも食べやすくなりますよ。
宮崎は冬季温暖、多日照という気象条件に恵まれピーマンが有名です。「京鈴」という品種を育てております。串間で育った肉厚なピーマンを食べてみてください。

深江 直樹

こだわり

木を見て果実を見て成長を見ながら、温度や水、全てに気を遣いながら管理しています。
ビニールハウスで育てているので、多湿になりやすく、換気も難しいです。対策でもみを敷いています。

新鮮なきゅうりを多くの人に届けられるよう、朝に収穫し、その日の内に出荷します。
正解が何かはわからないのが農業ですが、経験と感覚を研ぎ澄ましながらいい状態を見極め、自信をもって安心安全なきゅうりをお届けしたいと思っています。

仁田 辰徳

こだわり

土作りはもちろんですが、種まきから定植までの期間、天候に左右されやすいので水の管理などを大切にしています。
天敵栽培など、農薬をできるだけ使わないよう、栽培しています。

うちのパプリカは最近種類を増やし、4種類あります。
新鮮で彩り豊かなパプリカを、サラダなどいろいろな方法で食べてみてください。

鬼塚 誠

武田 直也

取り扱い店舗

おがやせの野菜は、下記の店舗で買うことができます。

チャレンジくしま

〒880-0811
宮崎県宮崎市錦町1−8 えきマチ1丁目宮崎内(宮崎駅内)
TEL:0985-64-8464
営業時間:10時から19時まで

Instagram